初めての方へ

鳥取砂丘パラグライダースクールへようこそ!

パラグライダー初体験の方へ

鳥取パラグライダー体験スクールの講習について。

講習の流れ

  1. 集合・受付
  2. 荷物(パラグライダーなどの道具)を持って出発。
  3. 風などの条件より、講習地を選択して移動。(15分ほど)
  4. 20分ほどの説明。(※予習用の要点動画)
  5. いざ、体験!
  6. 砂丘でのフライトは時間こそ一瞬だが、ダイナミックな景色。
  7. パラグライダーを袋に詰めて、再び砂山を登る。
  8. テイクオフ地点で休憩。
  9. あとは時間までこれを繰り返す。
  10. キリのよいところで片付け開始、帰る準備。
  11. 集合場所まで移動。(15分ほど)
  12. 点呼・解散

実際のフライトは初めてということもあり、安全第一ということですべてスクールの指示どおりにしていただきます。他のお客様のご迷惑にもなりますので、必ず引率するインストラクターの指示を守ってください。

集合時間は、お約束の時間厳守でお願いいたします。遅れる場合には必ず電話にてご一報ください。また、ゴールデンウィークやお盆、3連休などの大型連休のときには、観光地ということもあり鳥取砂丘近辺は大変混み合います。時間のゆとりをもって、集合場所までいらしてください。

予習用の要点動画

パラグライダーが初めてで心配な方に向けて、
最低限覚えてもらいたいことをレクチャーしています。
予習用としてお使いください。
(※もちろん見られなくても、当日詳しくご説明いたします。)

持ち物

  • 軍手
  • 運動靴(バスケットシューズのような足首が保護できるものが望ましい)
  • 汚れてよい動きやすい服装、寒い時期は防寒着も。
  • 飲み物(春秋は250ml、夏は1~2リットル)
  • 携帯やカメラはご自由に(ただし砂防止の袋必要)
  • サングラス、日焼け止めクリーム(夏場)

その他の注意事項

  • 集合の前にトイレは済ませておいてください。
  • 飲み物はスポーツドリンクなどの熱中症を防ぐものがよいです。
  • 眼鏡については特に問題ありません。むしろコンタクトなどは砂が入ると痛いので、サングラスか眼鏡のほうが良いです。
  • アクセサリーやペンダント、鍵や財布などの貴重品は、落とすと砂丘では見つからない可能性があるので、砂丘内に持ち込まないほうがいいです。
  • 雨や強風はパラグライダーの強敵です。鳥取砂丘では多少の悪天候でも講習を行う場合がありますが、危険と判断したときにはすぐさま中止いたします。その際には、1本でもフライトされている場合には、講習成立ということで返金しないことを、ご了承くださいませ。(強風の場合にはハンググライダーに変更の可能性あり。)
  • また当日が、前もって天気がよくない場合には、前日かその前後に当方よりご連絡させていただいて、条件のよい日時や時間をお知らせする場合もあります。なるべく皆さんに良い条件で飛んでいただきたいので、事前のご相談については大歓迎いたします。
  • 当日、二日酔いや寝不足はないようにしてください。夏場は熱中症の原因にもなりますので、くれぐれも体調を万全にしてご参加ください。

繰り返しになりますが、

鳥取砂丘でのパラグライダーチャレンジは、

◎特色~

  • 風が比較的安定している!
  • どこまでいってもぶつかるものがない!
  • 講習確率が高い!
  • 地面が砂地なので柔らかくて安全!
  • 全国から初心者の方がたくさん!
  • お一人さまから対応!
  • お年寄りやお子さまでもOK!(※心配な方はご相談ください)

◎ただし…

  • 夏場は暑い
  • 靴など砂まみれになる
  • 砂山を登るのはしんどく体力が必要
  • やっぱり飛べないこともある(ToT)

自然条件の前には無力ですが、自然と仲良くすれば、きっと大自然と一体になれると思います。
そのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

a:26483 t:6 y:10