天気はgood、しかし風はbad、だけどおおいに楽しんだ初パラグライダー

投稿日: カテゴリー: パラグライダー体験の様子

みごとなブルースカイとなった鳥取砂丘です。

朝は放射冷却となって、
かなり寒い始まりでした。

すぐにサンサン日光が降り注いで、
気持ちのいい青空が頭上いっぱいに。

寒い朝も、快晴のお天気ですぐにポカポカ陽気

やはり南風は強めに吹いていて、
注意と観察が必要な場面です。

明るい爽やかな空の広がりに反して、
気流がどうなるかは気になるところ。

そんなポカポカ陽気になってきた午前の部に、
神奈川、島根、愛媛から、ご家族さんやご夫婦さん、
お仲間さんがいらっしゃいました。

20171110AMのお客さま

予報にも南風優勢が現れていたので、
昨日のうちから段取りをすすめて、
早い時間に集合しました。

かなり冷え込んだ朝だったので、
しっかり上着を重ねてもらって、
パラグライダーを担いでスタート。

重たいパラグライダーを担いで丘のてっぺんまで

朝の早い時間ということで、
遠くに見える人影もまだまばらで、
のんびりムードの砂の世界を進んでいきます。

サンサン日照が降り注ぐと、
いつもなら地面が温まるので、
す~っと逆からの海風を期待しますが、
今日に限ってはやっぱり無理そう。

風は順風、さぁ勇気を出して一歩を踏み出そう

というわけで離陸ポイントでは、
より慎重に風を選んでいきながら、
空への第一歩を踏み出してもらいました。

あっという間に空中へと浮かび上がって、
わずかな飛行時間ながら初フライト成功。

青空の下、華麗に大空を舞うパラグライダー

着地で勢い余ってコケてしまっても、
すぐに笑い声が聞こえてきて、
終始和やかな雰囲気でした。

1回目が上手くいくと、
2回目からは余裕ができるので、
さらに遠くまで飛びたい気持ちが出てきます。

1回飛べたら、2回目からはリラックスして飛ぼう

その希望を叶えるだけの条件が継続中で、
次もどんどん飛んでいただきました。

先ほどよりもより遠くへ、
より長い時間飛べたりして、
なかなか絶好調が続いています。

2人乗りのタンデムで、有終の美を飾る

さぁ3回目というところで、
いよいよ風が強くなってきたので、
今度はスタッフとの2人乗りにチェンジ。

ラストはフリーハンドの状態になって、
カメラを上から下から撮りながら、
大空散歩をおおいに満喫しました。

ぐーんと高くなって、雄大な砂丘を空から一望

ぐーんと高いところからの視点と、
操縦に対する不安や緊張がなくなり、
声をあげて楽しんでおられましたね!

そして無事終了してからのちに、
馬の背では砂煙が立ち始めたので、
条件が悪くなる前にできてホッと一安心。

直後から厳しい条件になったので、大成功となったパラグライダー体験

丘の上からのソロフライトには、
かなり厳しい条件と思ってただけに、
この展開にはスタッフも思わずびっくり。

皆さんはるばる遠くから来られていたので、
気持ちいい圧倒的なブルースカイの下、
存分に飛んでもらえてよかったです。

(STAFF ICHIKAWA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です