天気回復して、デラックスな飛行が楽しめた三連休の真ん中

秋はそろそろ終わり…、思いっきり飛べてヤッホー!となったホリデー

投稿日: カテゴリー: パラグライダー体験の様子

気持ちよく晴れた鳥取砂丘です。

昨日はかなり冷えて、
アラレまで降りました。

せっかくの三連休ながらも、
出鼻をくじかれた形でがっかり。

一夜明けると、爽やかな青空が広がった三連休中日の鳥取砂丘

ところが中日になったところで、
爽やかな青空が広がってくれました。

久しぶりににぎやかな砂丘となって、
たくさんの人々が行き交っています。

そんな最高の行楽日和となった鳥取砂丘へ、
各地からお客さまがいらっしゃいました。

優しい南風に乗って、ステップアップしながら楽しめた午前の部

優しい南風に乗って、ステップアップしながら楽しめた午前の部

もっとも緊張するファーストフライト、スタッフの先導に従いながら

もっとも緊張するファーストフライト、スタッフの先導に従いながら

太陽に見守られながら、エキサイティングなな浮遊の瞬間

太陽に見守られつつ、エキサイティングな浮遊の瞬間

あ、飛んでる!楽しすぎて思わず笑顔になっちゃいます

あ、飛んでる!楽しすぎて思わず笑顔になっちゃいます

余裕が出てきたところを見計らって、スタッフの手から離れて滑空

余裕が出てきたところを見計らって、スタッフの手から離れて滑空

飛行する面白さが、落ち着いて感じられるようになってきました

空を飛ぶ不思議さ・面白さが、落ち着いて感じられるようになってきました

さらに最後の仕上げとして、高低差を利用した大きなフライトに挑戦

さらに最後の仕上げとして、高低差を利用した大きなフライトに挑戦

これまでやってきた通りなので、最後までリラックスして空中散歩ができましたね

これまでやってきた通りなので、最後までリラックスして空中散歩ができましたね

くるっと風向きが変わって、想像以上のフライトができた午後の部

くるっと風向きが変わって、想像以上のフライトができた午後の部

安定したシーブリーズを利用して、あっという間に空中に踊りだす

安定したシーブリーズを受けて、あっという間に空中に踊りだす

風に包まれながら、ふわふわ初めての空にタッチ

そよそよの風に包まれながら、そろ~っと初めての空にソフトタッチ

気流に乗って思わず高さが出ることがあっても、なぜかルンルン気分!?

気流に乗って思わず高さが出ることがあっても、なぜかルンルン気分!?

ほとんど音もなく、す~っと海に向かって滑空中

ほとんど音もなく、す~っと海に向かって滑空中

後半になるほど、操縦がすっかり板についていましたね

後半になるほど、操縦がすっかり板についていましたね

着地をビシッと決めたいと、最後の瞬間に気合をこめて

着地をビシッと決めたいと、最後の瞬間に気合をこめて

なぜか毎回、やたら遠くまで飛んでいく人がおられたり^^;

なぜか毎回、やたら遠くまで飛んでいく人がおられたり^^;

グッドウインド&ナイス天気に恵まれて、存分に大空が満喫できました!

グッドウインド&ナイス天気に恵まれて、存分に大空が満喫できました!

東寄りの風になり、すぐに辺りが暗くなってきた夕方の部

東寄りの風になり、すぐに辺りが暗くなってきた夕方の部

沈みゆく夕陽を背景に、フライトステップを再確認

沈みゆく夕陽を背景に、フライトステップを再確認

風の強いタイミングでは、トーイング方式で風とのバランスをとって浮遊

風の強いタイミングでは、トーイング方式で風とのバランスをとって浮遊

そして南東風になってきたところで、長者ヶ庭のてっぺんから高さを活かしたフライトへ

そして南東風になってきたところで、長者ヶ庭のてっぺんから高さを活かしたフライトへ

高さにびっくりしながらも、基本通りの操縦ですっかり鳥のように

高さにびっくりしながらも、基本通りの操縦ですっかり鳥のように

辺りは暗くなってきましたが、絶賛フライト継続中

辺りは暗くなってきましたが、絶賛フライト継続中

みなさんパラグライダーにどっぷりハマったようで、何度もリフライト

みなさんパラグライダーにどっぷりハマったようで、何度もリフライト

ダイナミックな飛行体験ができて、とても素敵な時間が過ごせました

ダイナミックな飛行体験ができて、とても素敵な時間が過ごせました

 

 

午前までは緩い南風、
昼からはグッドな海風で、
さらに夕方は珍しい南東風。

昨日までの悪天候がウソのように、
初めてのお客さまがナイスフライト!

天気はよくても風が厳しいことが多いので、
プレッシャーなく遊んでいただけて良かったです。

「楽しかった~♪」の声がたくさん聞けて、
スタッフ含めて充実した一日となりました。
ありがとうございました!

(STAFF ICHIKAWA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です