思ったよりも穏やかな春の空を楽しむ

話題をさらったあのバブリーダンスの大先輩、鳥取砂丘の空を飛ぶ

投稿日: カテゴリー: パラグライダー体験の様子

昨日の嵐は遠のいた鳥取砂丘です。

春の嵐が過ぎ去ったばかりの鳥取砂丘

かなり吹き荒れたようで、
周辺の道路には砂がどっさり。

ひとまず砂丘の中へ歩いていくと、
綺麗な風紋も含めて複雑な形が見えて、
この季節ならではの激しさが感じられます。

荒々しい表情を見せる砂丘の自然

そんな落ち着きを取り戻したばかりの午前の部に、
香港からカップルさんがいらっしゃいました。

予定をずらして来てくれた香港のお客様

もともと昨日の予定を今日にずらして、
できれば飛びたいと意気揚々砂丘まで。

北西風がそれなりに吹いていましたが、
強弱の差はそれほど大きくなさそうです。

突風を警戒しながらぷかぷかフライト

飛びすぎないようにロープで抑えながら、
まずは気軽に飛んでいただきます。

最初の緊張はすぐにほぐれて、
2回、3回とフライトを重ねながら、
よりリラックスしつつ浮遊感を満喫。

海岸近くまで豪快に飛んだパラグライダー

ラストは海岸べりまで飛べて、
とても喜んでおられました。^ ^

続いてさらに穏やかになった午後の部に、
大阪からお仲間さんがいらっしゃいました。

登美丘高校ダンス部OBさん

えっ、堺市から、、、!?
よく聞くと、な・な・なんと、
あの登美丘高校の卒業生さん!

さらにダンス部だったそうで、
全国大会初優勝時のメンバーだったとか。(驚)

顧問のアカネ先生のことや、
2つ下の伊原六花ちゃんたちのこと、
ハードだった部活時代のことなど、
お話を聞かせていただきました。

まるで空中ダンスを楽しむかのように

今日はダンスとは違う形で、
空中を舞ってもらいましたよ~♪

絶叫系はぜんぜん怖くないそうで、
飛んでいる間も余裕の表情でしたね!

日本海を見渡しながら爽快に

次回は22人の同期さんたちを連れて、
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

さらに風が弱まってきた夕方の部に、
同じく大阪からお仲間さんが到着。

あきらめずに来てくれた大阪からのお二人さん

陽がかなり傾いてきたので、
風景がさらに綺麗に見えます。

日本海を望む丘のてっぺんから、
さっそく大空へ向かってスタート。

風紋を眼下に見ながらすい~っとひとっ飛び

あっさりと初チャレンジ大成功で、
以降はどんどん飛んでもらいました。

ちょうど終わりの頃にサンセットとなり、
鳥取砂丘のイチバン美しい瞬間を、
みんなで堪能できましたね。

夕陽の光を浴びながらフライアウェイ

写真を撮りすぎてしまって、
バッテリーがピンチの状態ながらも、
心ゆくまで鳥取を楽しんでもらえたようで良かったです。

美しいサンセットを堪能しました

引き続いて汽車を乗り継いでの旅、
冷酒をお供に今夜は宴会ですね!

(STAFF ICHIKAWA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です