ウェイティング(waiting)

 パラグライダーやハンググライダーにおいては、一般的に風待ちのことを言う。フライトに適した条件や風でないのに、無理矢理飛ぶようなことをすると危険につながる。したがって、フライヤーにとっては我慢が必要な時間でもある。

 初心者の場合、フライトの経験が浅く、空域の安全度に対してもまだまだ確認の仕方が未熟なので、必ず指導者のもとにてフライトの可否について判断してもらうのが良い。結果、飛びに行ってもウェイティングをする時間が人よりも長くなることもあるが、その時間は上級者のフライトを観察して、自分のものとしていくのが上達の近道となる。

ウェイティング、風待ちの用法、使い方