オーバーコントロール(over control)

 オーバーコントロールとは、パラグライダーの操作を過度に行う状態を言う。通常フライト中またはグラハン(グランドハンドリング)中、ライズアップにおいては、Aライザーまたはブレークコード、ウェイトシフト、アクセルによる操作がある。

 それぞれの場面で、機体を安定させ性能を引き出すコントロールが求めらるが、本人の意図以上に急激な操作をしてしまい、逆に機体を不安定にしたり、キャノピーの潰れを引き起こしてしまうことが多い。特に緊張しすぎたときや、初心者の練習期間では顕著に見られる。

 パラグライダーやハンググライダーは、地面や水面に直接作用する車やボートを運転するのと違い、空気に作用させるコントロールなので、車でいう「急ハンドル」ほどダイレクトに反応が返ってこない。このタイムラグが初心者にとって理解しにくく、オーバーコントロールに陥りやすい原因にもなっている。

オーバーコントロールの用法、使い方