倉吉白壁土蔵群・赤瓦

 倉吉市にある白壁土蔵群・赤瓦(しらかべどぞうぐん・あかがわら)は、なつかしい街並みの風景が残る江戸~明治時代の古い土蔵群です。国が選定した重要伝統的建造物群保存地区として、玉川沿いに昔ながらの商家や土蔵が立ち並び、少しソリのある小さな石橋や赤い瓦、しっくいの白い壁、焼杉の黒い腰板など、それぞれが調和した風景を作り出し、落ち着いた風情のある空間に心が和みます。そんな街並みを歩くと、ゆっくりした時間と別世界にいるような錯覚を感じるかも。

 その白壁土蔵群の一部が、ショップやレストラン、工房、雑貨店などに改装され、倉吉市の人気スポットとして多くの観光客が訪れています。古い蔵の外観をそのまま残しながら、内部を親しみやすい内装にした赤瓦の各店舗。歴史のある醤油屋さんや酒蔵の趣をそのまま感じながら、お食事を楽しんだり、創作活動に励んだり、ショッピングを楽しんだりできます。

 今では、赤瓦一号館~十五号館まであり(四号館、九号館、十四号館はありません)、それぞれが個性的なお店となっています。

 倉吉市の新しい観光名所として、白壁土蔵群・赤瓦では、上記のお店の他にまだまだ新しいお店が誕生するかも知れません。県外の方はもちろん県内の方をおもてなしするスポットとして、各種工房やこだわりのお店、特産品、銘菓、地酒などの体験や土産物を楽しみながら、日常から開放された癒しや和みの空気にきっと満足していただけると思います。

【開館時間】9時~17時
【休館日】年始年末
【電話】0858-23-6666