山陰松島遊覧~浦富海岸・島めぐり遊覧船

 浦富海岸の島めぐり遊覧船といえば、鳥取砂丘より車で約10分、鳥取駅から車で約30分の浦富港にある山陰松島遊覧があります。その名前のとおり山陰の松島と形容される美しいリアス式海岸とさまざまな形をした島々の間を遊覧船で巡る40分間ほどの船の旅は、鳥取砂丘や大山、水木しげるロードに並ぶ、鳥取のはずせない観光です。最近では山陰海岸ジオパークに認定されたこともあり、その貴重な地形や地質を海の上から観察できる絶好の機会として、各方面で取り上げられることも多くなりました。

 大型の遊覧船は、9時10分~16時10分まで30分おきに出航しているので、混んでなければすぐに乗ることができます。特にゴールデンウィークや夏休みなどは待合室に早めに入っていたほうが良さそうです。水深25mの透明度の世界は、思わずうっとりするぐらいで、シーズンや波の状態によっては海の底がまるまる見えるほどです。

 また別に小型の遊覧船「うらどめ号」は12人乗りの小型船ということもあり、大きな船では行くことのできない島と島の間や入り江に入ることができます。ときどき洞穴の中に入ることもあり、乗客のみなさんから歓声が上がることしばしばです。水中観察も大変好評で、海の中の生き物を間近に見ることができます。

 遊覧船でたっぷり楽しんだあとは、のりば内にある「お食事処あじろや」で、イカ墨ソフトはいかがですか?珍しいイカ墨でできたソフトやカレーなど、この地方ならではのお食事が楽しめます。新鮮な海のネタを使ったお料理で、山陰旅行をたっぷり満喫してください。

【住所】鳥取県岩美郡岩美町大字大谷2182
【電話】0857-73-1212
【休日】12~2月と荒天日
【時間】8:00~17:00(9時10分より16時10分まで。約30分ごとに出航。)
【料金】大人1,200円 / 小人600円