砂の美術館

 砂の美術館は、日本で唯一「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館です。世界が尊敬する100人の日本人に選ばれたこともあり、砂像彫刻家でもある茶圓勝彦氏が総合プロデュースを務め、世界中から砂像彫刻家を招いて、毎回テーマに沿って世界レベルの砂像を展示しております。

砂像1

 砂という特殊な素材を用いているため、最後にはやがて崩れてしまうことになる砂像は、はかなさを伴った一瞬の芸術であり、その場所、その時でしか観ることができないため、ますますその華やかさが印象つけられます。

 鳥取砂丘は、長い年月を通じてさまざまな造形美を作り出してきました。さらにこの地において、人の力で新たな造形美を創り出し、この地を訪れる人に、忘れることのできない感激と感動を感じてもらいという願いをこめて、2006年11月18日鳥取砂丘に「砂の美術館」が開設されました。

これまでは、以下のようなテーマにて期間限定で展示されていました。

 そして今回は、第5期展示 砂で世界旅行・イギリス~語り継がれる大英帝国の繁栄と王室の誇り~と題して、盛大に開催されます。開催期間は、2012/4/14~2013/1/6の間となっています。くれぐれもお見逃しのないようにいらしてください。
 
【住 所】鳥取砂丘砂の美術館
      〒689-0105
      鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
【電 話】0857-20-2231
【料 金】一般600円/団体500円
      小中高校生300円/団体200円
【時 間】朝9時~夜8時まで

○ 駐車場
アクセス
○ 入場料
○ 割引
○ 2011
○ 2012
鳥取県 ○