青山剛昌ふるさと館

 青山剛昌ふるさと館(あおやまごうしょうふるさとかん)は、鳥取県東伯郡北栄町にある資料館です。名探偵コナンの原作者、青山剛昌氏のルーツや歴史、仕事場や作品に関する資料が世界中から集められ、6つのゾーンで区切られ展示されています。

 東伯郡北栄町が青山氏の誕生の地であることから、この地に記念館が建てられたのが2007年3月18日のことです。ちょうど北条バイパスに面した道の駅大栄に隣接しており、ふるさと館以外にも、コナンのオブジェや石製モニュメントなどが並ぶコナン通りやコナン大橋といった散策ルートがあります。

 館内には、青山氏のデビュー作品から今に至る全作品、または海外版に翻訳された世界中のコナン、作品内のトリック体験、複製の原画などなど、コナンファンなら興奮間違いなしの展示が数多くあって時間が経つのも忘れてしまうほどです。

 またここでしか手に入らないコナングッズも豊富にあって、マニアにはたまらない場所です。ゆっくりカフェを飲んで休憩することもでき、施設内でのクイズなどもあって、何回もリピートしたくなる工夫が随所にこらされています。

【住所】鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414
【電話】0858-37-5389
【営業時間】9:30~17:30(4~10月) / 9:30~17:00(11~3月)
【休館日】年中無休
【入館料】大人700円、中高生500円、小学生300円、園児以下無料