鳥取砂丘とは?

鳥取砂丘とは、鳥取県の人気スポットとして古くから知られる観光地です。山陰海岸国立公園の一角に位置し、特別保護地区にも指定されていて、南北2.4km、東西16kmに広がる日本最大の砂丘です。最近では「山陰海岸ジオパーク」にも認定されて、ますますその貴重な自然の造形美が注目されています。

砂丘

鳥取砂丘は、近くの鳥取市を流れる千代川から流れてきた花崗岩の砕かれた砂によって作られたと言われています。その砂が千代川の河口に堆積し、それが北西の季節風で飛ばされて、今の場所に長い年月をかけて集まったものが堆積し、砂丘として形作られてできました。

数万年にも及ぶ長い歳月をかけて生まれた鳥取砂丘は、鳥取県のシンボルであり、鳥取県民の誇りでもあります。県や市の取り組みもあり、または多くのボランティアの協力により、美しくダイナミックな自然の芸術が、今も守られています。

そんな広大で起伏に富んだ砂丘では、パラグライダーやサンドボードで遊んだり、らくだ遊覧や馬車に乗ったり、馬の背や砂丘オアシス、すりばちを歩いたり、はたまた多くの砂像が並ぶ砂の美術館や子どもや親子連れに人気のこどもの国、そして冬にはイルミネーション、カップルで夕日を眺めたり、砂丘の中心で愛を叫んでみたり…。いろんな遊び方ができ、大人から子供まで楽しむことができる、鳥取の観光には持ってこいのスポットです!

パラグライダーのご予
約はあそびゅー!