鳥取砂丘ジオパークセンター

 鳥取砂丘ジオパークセンターは、鳥取市営駐車場(410円)の中にある鳥取砂丘パークサービスセンターの一角にあります。鳥取砂丘に訪れた際には、皆の憩いの場所となり、また砂丘に関するいろんな情報を仕入れることができますので深く学ぶことができます。

 鳥取砂丘の砂の下を掘ったら何があるか?という誰しも思う疑問に対しても、しっかりボーリング調査した結果や、地層の断面が展示されていますので、意外な鳥取砂丘の一面を知ることができます。

 さらに鳥取砂丘の象徴的ともいえる、風紋(ふうもん)が作られていく様子を観察できる風洞実験設備もあって、出来上がっていく仕組みをリアルタイムで見ることができ、よく理解できておもしろいです。

 砂丘の砂が花崗岩から作られていると聞いていても、実際にはどのようなものかいまいち分からなかったのですが、本物の花崗岩、それも千代川の上流にあったもともとの岩がそのまま展示されています。こんな岩が長い年月をかけて砂になったと思うと不思議な感覚を受けます。

 あと珍しいものといえば、縄文土器や石器、はたまた陸軍の練習場時代の名残である砲弾類、その他時代を映す数々のものが展示されており、砂丘の足跡を感じることができます。

【住所】鳥取市福部町湯山2164-661
【電話】0857-23-7652
【休日】無休
【料金】無料、ただし市営駐車場は有料(410円)