やがて暗くなってきた鳥取スカイ、それまでに楽しめた飛翔タイム

いい天気で始まった鳥取砂丘です。
 
青空たっぷりで、
穏やかな秋晴れに。
まったり好天に恵まれた鳥取砂丘
ところが予報では、
昼から下り坂とのこと。
 
そのイメージがわかない好天ぶりで、
抜群のパラグライダー日和にニッコリ。
京都、兵庫からカップルさん
そんな優しい秋風が吹く午前の部終わりに、
関西からカップルさんがいらっしゃいました。
 
なんと鳥取県は大山町出身の方で、
鳥取東部に寄り道しながら里帰り。
海岸べりの緩斜面でパラグライダー体験
何年かぶりの鳥取砂丘だそうですが、
誰もこないマイナーポイントへご案内。
 
ちょうどその頃から白波が立ち始めて、
海岸そばでトーイングパラグライダースタート。
長い時間飛んで鳥取砂丘の空を満喫
風に長時間乗ることができるスタイルなので、
その間みっちり操縦に慣れてもらいます。
 
彼女さんの希望だったパラグライダー、
お二人揃って余裕のフライトでしたね。
美しいグラデーションの日本海を眺めながら
ラストは高さを感じてもらうために、
スタッフと2人乗りでより高空へ。
 
上空では動画撮影しながら、
見たことない空からの砂丘風景を、
ゆっくり満喫していただきました。^ ^
雨接近中、風が不安定な状態でスタート
続いて空が暗くなってきた午後の部に、
神奈川からお仲間さんがいらっしゃいました。
 
その頃からパタンと風が弱まって、
ときどき南風にふれるような不安定さ。
 
すでにスタンバイを終えたものの、
まったくテイクオフできる予感がしません。
嬉しい北東風に戻ってくれて、余裕のフライトはじまりはじまり
待つこと30分弱ほど?
ようやく待望の海風に戻って、
先ほどと同じくトーイングで開始。
 
日本海を眺めながらの飛行となり、
先ほどまでのあきらめムードは一掃されて、
とても楽しいフライト体験となりました。
このタイミングはとても飛びやすかったです
「いやー、できて良かったです。」
との嬉しいお言葉をいただきましたが、
それはスタッフ全員もまったく同じ気持ちでした。
 
あきらめずに居てくださったので、
風の神様も後押ししてくれましたね!
暗い空の下でしたが、ナイスフライト!
その後はやっぱり予報どおりになって、
間も無くたくさんの雨粒が落ちてきたので、
それまでに無事に遊んでいただけてホッとしました。
 
(STAFF ICHIKAWA)

コメント


認証コード8600

コメントは管理者の承認後に表示されます。