キャノピー(canopy)

 キャノピーとは、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維で作られたセール部分の総称を言う。キャノピーのデザインの違いがそのままグライダーの性格や性能を決める大きな要素となる。パラグライダーのデザイナーは、求める性能を引き出すためにキャノピーの形や構造、素材の研究などが課題となる。

 キャノピーは化学繊維で作られているために、経年における劣化がある。その要因は太陽光線、埃や塵などの異物による化学反応、物理的な摩擦など、素材のコーティングや素材そのものに、それらが複合的に絡まって劣化を早める。

 できるだけ長く使用するためには、日頃のメンテナンスが欠かせない。折り目をつけないように収納する、冷暗所で風通しの良いところに保管する、紫外線をなるべくあてない、泥や埃はできるだけ除去する、踏まない、運ぶときに地面に擦らないなど気をつける点がいくつかある。

 ちなみにキャノピーの前縁部についている穴をエアインテーク(空気取り入れ口)と言い、そこから流入する空気によって内部から膨んで翼の形ができあがる。

キャノピーの用法、使い方