パラグライダーの本場ヨーロッパからも、ほんの一瞬だけ鳥取砂丘で空を舞う|鳥取砂丘のパラグライダー「鳥取砂丘パラグライダースクール」

パラグライダーの本場ヨーロッパからも、ほんの一瞬だけ鳥取砂丘で空を舞う|鳥取砂丘のパラグライダー「鳥取砂丘パラグライダースクール」

  • 0857-24-6124
    受付時間 6:00~22:00
  • LINE
TEL
WEB予約
お問い合わせ

ブログ
Blog

パラグライダーの本場ヨーロッパからも、ほんの一瞬だけ鳥取砂丘で空を舞う

引き続いてムッと暑い鳥取砂丘です。

週後半からぐずつく予報ですが、
今日、明日といい天気だとか。

おかげでいったん季節は逆戻りで、
ぐんぐん気温は上昇しています。

夏を思い出す日差しで、汗が止まらない鳥取砂丘

昼頃はやっぱりかなり暑くて、
夏を思い出しながらの講習。

北西風はとてもマイルドだったので、
初心者の方にはとてもいい条件です。

そんな夏復活となった午後の部に、
大阪、岡山、オーストリアから、
お仲間さんやカップルさん、
一人旅のお客さまがいらっしゃいました。

20171010PMのお客さま

日本海の波はほとんどなく、
吹いている風も実にマイルド。

ただひたすら日照が行き渡っていて、
わずかな風を捕まえて空へエアボーン。

わずかに吹いている海風を捕まえて、大空へGO

パラの本場オーストリアからも
パイロットさんが来られてましたが、
暑さが厳しくて、ちょっと不完全燃焼の様子!?

吹いている風そのものが弱いこともあり、
飛行時間はいつもより短めです。

ひたすら走れ!走れ!

なのでしっかり走ってもらい、
エネルギーをフライトへと100%活かしてもらい、
ちょっとでも長く遠くへ飛べるよう工夫しました。

はじめおぼつかなった操縦についても、
都度修正していったこともあり、
後半ほど長めのフライト成功。

だんだん慣れて、より高く遠くへ

さらにラストチャレンジでは、
マンパワーもしっかり参加させて、
十分な位置エネルギーを獲得します。

おかげでさらに高いところからスタートして、
ロングタイムの滑空を楽しんでもらいました。

ラストはロープを使って、ステイハイで空の旅

すでにオーストリアは5℃前後と寒くなっているのに、
今日の鳥取は夏を思い出すような厳しい暑さに。

厳しい暑さに見舞われながらも、鳥取砂丘の空を堪能

そのギャップはあったようでしたが、
鳥取の特徴的なシチュエーションを、
たっぷり肌で感じていただきました。^^

続いて少し遅れて始まった夕方の部に、
兵庫からカップルさんがいらっしゃいました。

20171010PM夕方、兵庫からのカップルさん

あまり状況は変わらないままで、
1m/s前後の北風かそよそよ吹いてます。

やはりテイクオフのためには、
しっかりした駆け足が必要で、
最後までぬかりなくダッシュ!

引き続いて風が弱い夕方も、しっかり走って!

ふわ~っと一瞬の空の旅を楽しんで、
足下に広がる砂地の上に、ストっと着地。

気がつくと彼女さんがやたら絶好調で、
その結果を受けて、毎回地団太を踏む彼氏さん。^_^;

毎回絶好調フライトの彼女さん

いやいや十分飛べてるんですが、
ちよっとだけ彼女さんのほうが、
飛び過ぎているだけですよー。(笑)

そんなこんなでお二人競い合うように、
初パラグライダーを堪能されていました。

そう言いながら、彼氏さんもよく飛べてました

今回の三連休は夏みたいに暑いなぁ…
と改めて振り返って思いましたが、
ひょっとして今日はそれ以上!?

そんな気候の中でしたが、
今日も鳥取砂丘の大空にて、
たくさんの方に遊んでいただきました。

(STAFF ICHIKAWA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る