ブログ|鳥取砂丘のパラグライダー「鳥取砂丘パラグライダースクール」

ブログ|鳥取砂丘のパラグライダー「鳥取砂丘パラグライダースクール」

  • 0857-24-6124
    受付時間 6:00~22:00
  • LINE
TEL
WEB予約
お問い合わせ

ブログ
Blog

手作りの雪だるま“オラフ”に見守られながら、二人乗りパラグライダーで雪の世界を飛んでみよう – 鳥取砂丘パラグライダー体験スクール情報 – 鳥取砂丘パラグライダー体験  0857-24-6124

連日雪化粧をしている鳥取砂丘です。

朝は真っ白な風景ですが、
昼までにはだいたい元どおり。
雪鳥取砂丘
せいぜい1~2cm程度なので、
気温や太陽の光、雨ですぐ消えます。

ここ数日は10℃を越えることがなく、
真冬の到来をますます実感しますね。

そんな鳥取砂丘の午前の部に、
兵庫は神戸から親子さんがいらっしゃいました。

始まる前は、雨脚が激しい状態でしたが、
集合した頃ににはうまい具合に小康状態に。

そのタイミングで、パラグライダーを担いで、
さっそく風受け斜面まで歩いていきます。

ここはてきぱき段取りよくしたほうがいい場面なので、
一番本数が飛べて、高さを味わえる二人乗りでフライト。
二人乗りでフライト
ときどき変化する風速4~6m/sの南風を利用して、
お母さん、そして小学6年生の娘さんの順で、
飛ぶごとにステップアップを続けながら、
砂丘の空を満喫してもらいました。

フォロー(追い風)に乗せることができれば、
高さに加えてかなり飛距離が延ばせます。

パイロットと合わせても100kgに満たない状態なので、
マンパワーも重ねてエネルギーを加えつつ、
大空に弧を描くように遠くへ飛びました。
二人乗りでフライト
面白~い!ということで、
続けて何度も何度もフライト三昧。

講習場所には、まだたんまり雪が残っていて、
お嬢さんは、雪だるま作りも同時に楽しまれていました。

それを見て、「アナ雪の“オラフ”みたいだね。」
とスタッフのおじさん達は言いたいのですが、
アルフになったり、アレフになったり、
はたまたアルフィーになったり!?
親子さんとスタッフ
風貌に似合わずメルヘンな話題をして、
いとも簡単に自爆するスタッフ約1名でした。(笑)

その後、雨や雪が再び激しくなってきたので、
それまでに、珍しい冬の風景が広がる
砂丘で遊んでもらえて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る