ブログ|鳥取砂丘のパラグライダー「鳥取砂丘パラグライダースクール」

ブログ|鳥取砂丘のパラグライダー「鳥取砂丘パラグライダースクール」

  • 0857-24-6124
    受付時間 6:00~22:00
  • LINE
TEL
WEB予約
お問い合わせ

ブログ
Blog

やっと夕方に、雨上がりのわずかなタイミングが出てきて、パラグライダーで飛べた関東の学生さん – 鳥取砂丘パラグライダー体験スクール情報 – 鳥取砂丘パラグライダー体験  0857-24-6124

基本雨の一日でしたが、
ときどき止み間があった鳥取砂丘です。

夜中からシトシト降り続いて、
すっかり砂は水分を含みました。

歩きやすくていいのですが、
靴底にはざらめの砂がまとわりつく感じ。

日差しがまったくなく、
雨雲の塊が通過する際には、
強めの風が辺りを吹き抜けていきます。

午前中いっぱいはずっと降り続いて、
お昼を過ぎてから、いくらかマシな傾向に。

ときおり雨の休憩タイムがあって、
強かった風にも勢いがなくなってきました。

そんな鳥取砂丘の夕方の部に、
東京、神奈川から女性コンビさんがいらっしゃいました。
東京、神奈川から女性コンビ
砂の美術館を観光しながら雨をやり過ごしつつ、
ちょうど止んできた頃に、示し合わせて集合。

ちょっと寒く感じたので、一枚上着を羽織ってもらい、
空が明るくなって、雨の切れ目が確認できたので、
そのタイミングで砂丘の中へと移動します。

長者ヶ庭の高台の上に着くと、
乱れのない南風が3~4m/sで吹いており、
ある意味絶好のフライト条件の出来上がり。

さっそく準備とレクチャー、練習を開始して、
一本目のフライトへと取り掛かりました。
一本目のフライト
さすがに最初はその高さのあまり、動揺が見られたものの、
無事に一発飛べてしまうと、あとは余裕の幅を増やすだけです。

バレー部とダンス部の活発な運動量を活かして、
何度も坂を登ってもらい、空の世界を堪能してもらいました。
空の世界を堪能
やがて霧雨がパラパラと降るようになりましたが、
フライトにはまったく影響ないので継続します。

いろんな場面の区切りが来ると、
カメラ目線で「シャキーン」と言いながらポーズを決め、
砂丘の思い出をたくさんカメラに収められていました。
満足のいくまでフライト
満足のいくまでフライトを繰り返し、
片づけを終えて本日は無事終了。

帰り道、明日はらくだに乗るぞー!!
の声にスタッフ一同ずっこけそうになりながら、
(※ …だったら晴れる明日でも良かったかも、と心の中で。笑)
日暮れの砂丘をゆっくり後にしました。

とにもかくにも、
穏やかな風に乗ってフライトできて良かったです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る