ブログ|鳥取砂丘のパラグライダー「鳥取砂丘パラグライダースクール」

ブログ|鳥取砂丘のパラグライダー「鳥取砂丘パラグライダースクール」

  • 0857-24-6124
    受付時間 6:00~22:00
  • LINE
TEL
WEB予約
お問い合わせ

ブログ
Blog

砂の美術館・東南アジア編いよいよ開幕 – 鳥取砂丘パラグライダー体験スクール情報 – 鳥取砂丘パラグライダー体験  0857-24-6124

暖かい南風が吹きぬけた鳥取砂丘でした。

常時10m/s越えの強風で、
ときどき吹く突風で砂が舞い上がっていました。

先日できた西風強風の風紋(ふうもん)の向きも、
今日で90℃、方向を変えたかも知れません。

北東の強風が吹いたり、
西の強風が吹いたり、
今度は南の強風が吹いたりして、
砂丘の砂はあちこち移動していきますが、
しかし馬の背がいつもあそこにあるのはすごいな~と思います。

ある程度形が変わってしまうのは知っていますが、
それでもあの場所にあんな風にして、昔から存在してるんですよね。

パラグライダー的には、
前の斜面の形のほうが飛びやすかった…、
みたいな多少の感想はあったりしますが、
それにしてもあの起伏は偉大です。

決してショベルカーなどの重機がした仕事ではなく、
風の力、自然のエネルギーがもたらした影響というところがすごい。

ところで、自然が作った造形も素晴らしいですが、
人間が作った砂の作品も必見です。

そんな砂の造形に関するイベントが、
来週の4/20(土)から来年の1/5(日)まで、
鳥取砂丘のすぐ隣にある砂の美術館にて開催されます。
(0857-20-2231)

これは今や毎年恒例の鳥取砂丘観光の目玉で、
昨年もイギリスをテーマにした展示内容で話題を集めました。

今回は砂の美術館第6期として、
東南アジア編としてその地域に関する砂像が展示されます。

昨年春から日本で唯一の屋内型美術館としてオープンしましたが、
それまでは屋外で開催されるイベントでした。

毎年開催されるごとに盛り上がりを見せ、
「砂で世界旅行」シリーズも順調に回を重ねています。

世界中から集まった、
優れた砂の彫刻家たちの手によって、
歴史的なモチーフや遺産、建築物など
その地域をテーマにした美しく壮大な彫刻作品が作られます。

ゴールデンウィーク前からの開催となりますが、
その前後は大変混み合います。

少し時期をずらせば空いているときもありますので、
ぜひ素晴らしい砂の彫刻をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る